王子、三菱製紙に33%出資 環境厳しく経営効率化

 
資本業務提携で会見する王子ホールディングスの矢嶋進社長(左)と三菱製紙の鈴木邦夫社長=6日、東京都港区(井田通人撮影)

 国内製紙最大手の王子ホールディングス(HD)は6日、6位の三菱製紙に33%出資し、持ち分法適用会社にすると発表した。両社は既に提携しており、関係を強化することで、原材料の調達や製品の配送などを共同で実施して経営の効率化を図る。出資は平成30年7月から31年12月末までに終える予定。

 少子高齢化やペーパーレス化が進み、事業環境が厳しくなる中で、製紙業界の再編の動きが活発になる可能性もある。

 王子HDは昨年9月末時点で三菱製紙株を2.34%保有している。三菱製紙が実施する第三者割当増資を引き受けるほか、三菱東京UFJ銀行など三菱グループ5社から株式を買い取り、出資比率を33%に引き上げる。

 三菱製紙は増資で調達する資金を八戸工場(青森県八戸市)の省エネルギー投資などに充てる方針だ。