自動車向けソフトで共同出資会社

 

 電子部品商社の萩原電気は5日、ソフトウエア開発の北都システム(札幌市)と共同出資で新会社「萩原北都テクノ」を名古屋市に設立すると発表した。自動車向けソフトの開発を手掛ける。4月2日に業務を始める。

 自動運転など高度な技術に対応するためソフト開発事業の拡大が不可欠として、自動車向けで既に実績のある北都システムと組む。新会社の出資比率は萩原電気が66.6%、北都システムが33.4%。社員は11人で両社から出向する。北都システムは1994年設立、従業員は約200人。