資生堂、売上高1兆円超えへ 明治5年の創業以来初めて

 

 資生堂は7日、平成29年12月期の連結業績予想を上方修正すると発表した。売上高は昨年11月時点では9850億円と予想していたが、1兆50億円に上方修正し、明治5(1872)年の創業以来、初めて1兆円を超える。

 また本業のもうけを示す営業利益の予想は650億円から805億円、最終利益は50億円から225億円にそれぞれ引き上げた。営業利益は過去最高となる。高級化粧品の販売が世界的に予想を超える好調さで、訪日外国人からの需要の拡大も追い風になった。

 同社は平成22年に約1700億円で買収し、業績低迷が続く米子会社ベアエッセンシャルの「のれん代」(買収価格と純資産の差)など、707億円の減損損失を計上するため、昨年11月に業績予想を下方修正していた。