大阪と東京、勢いに明暗 新潟県アンテナショップ、知事自ら売り込みに意欲

 
みその試食販売も人気を集めた「じょんのびにいがた食楽園」=昨年11月、大阪市北区(県提供)

 新潟県が東京と大阪で運営するアンテナショップの勢いの差が明確になってきた。平成29年の販売額は、大阪市の梅田地下街にある「じょんのび にいがた 食楽園」が前年比7.3%増の1億1878万円と3年連続で伸びたのに対し、東京都渋谷区の「表参道・新潟館ネスパス」は2.6%減の6億1988万円と前年割れとなった。米山隆一知事も「(東京の人に)少し飽きられているところはある」と認め、テコ入れ策を練る考えだ。(市川雄二)

 平成9年にオープンしたネスパスの販売額は3年連続で6億円を超え、東京にある全国各地のアンテナショップの中でも上位につける。ただ、20周年を迎えた昨年は記念イベントなどで集客に力を入れながらも、盛り返せず仕舞だった。

 内訳をみると、売り上げ全体の7割近くを占める物産販売が前年比0.9%減、約2割の飲食販売も1.4%減と振るわず、県内を訪れる旅行商品が25%減と落ち込んだのも響いた。

 入館者数は101万3001人。6年連続で100万人を超えたものの、1.7%減と客足も鈍った。

 一方、26年に営業を始めた食楽園の販売額は3年連続で1億円を超え、訪れた人も128万6375人と6.5%増と2年連続で100万人を超えた。商品別の売り上げ1位は「笹だんご(粒あん)」だった。

 ネスパスのテコ入れ策をめぐり、米山知事は1月31日の記者会見で「常に新しい魅力を出し続けるのが小売りの基本」と指摘し、店内をリニューアルするとともに、イベントにも工夫を凝らして入館者の増加を図る考えを示した。

 食楽園は今年で5年目と目新しさがまだ漂うこともあり、当面は勢いを保ちそうだ。3月にはピーチ・アビエーションが新潟空港と関西国際空港を結ぶ路線を開設し、本県に初めて格安航空会社(LCC)が乗り入れるのも追い風となる。

 ツイッターの投稿で名誉を傷つけられたとして、米山知事は大阪府の松井一郎知事から損害賠償訴訟を起こされ、トップ同士の関係は良くない。それでも米山知事は会見で「関西向けのPV(プロモーションビデオ)を作って『あの新潟の知事を見に行こう』とか(パンチバッグのような)私の等身大の殴られるものを(食楽園に)置くのも面白い」と冗談めかしながらも、関西での本県の売り込みに意欲をみせた。

■新潟県のアンテナショップの人気商品

順位/東京・ネスパス/大阪・食楽園

(1)笹だんご/笹だんご(粒あん)

(2)かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒/麹だけでつくったあまさけ

(3)ネギ味噌(みそ)油揚げ/笹だんご(こしあん)

(4)割干ハリハリ/魚沼産コシヒカリ

(5)栃尾の油揚げ/栃尾の油揚げ