iPS細胞の研究、製品開発で富士フイルムと武田が提携

 

 富士フイルムは8日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療分野で武田薬品工業と提携し、共同研究を行うと発表した。iPS細胞から作った心筋細胞を使い、重度の心筋梗塞などを治療するための製品開発を目指す。

 富士フイルムの米子会社である「セルラー・ダイナミクス・インターナショナル」はiPS細胞から心筋細胞などを作製する技術を持っており、再生医療製品の開発を進めている。心疾患治療への期待が高いため、臨床試験に強い武田薬品と協力して事業化を進めることにした。武田薬品は富士フイルムに対して一時金を支払うが、金額は非公表。富士フイルムは医療関連事業を成長の柱と位置づけており、特に再生医療分野に力を入れている。武田薬品は再生医療分野で京都大学iPS細胞研究所とも共同研究を行っている。