アマゾン追撃へ、ソフトバンク・イオン・ヤフーが共同でネット通販を検討

 
ソフトバンクの孫正義社長=東京都港区(桐山弘太撮影)

 ソフトバンク、イオン、ヤフーの3社が共同でインターネット通販事業に取り組むことを検討していることが9日、分かった。

 関係者によると、3社は食品や衣料品、日用品などを扱う独自のネット通販を始めることで協議に入った。ヤフーとイオンはすでに個別にネット通販を手掛けているが、3社が連携することで品ぞろえや顧客情報を共有し、先行するアマゾンジャパンに対抗する。

 ソフトバンクやヤフーが持つネットの市場分析技術とイオンの物流網などそれぞれの強みを持ち寄る。イオンの店舗へのソフトバンクグループが開発したロボットの導入など先端技術の活用も検討している。

 ネット通販では、楽天が米小売り大手ウォルマート・ストアーズ傘下の西友(東京)と組み、生鮮食品のインターネット通販スーパーへの参入を表明した。セブン&アイ・ホールディングスもヤフー傘下のアスクルと提携し、昨年11月から東京都内の一部で生鮮食品のネット通販を開始している。