フィデア2行と東北銀、事務共通化 地元企業支援強化へ提携

 

 荘内銀行(山形県鶴岡市)と北都銀行(秋田市)を傘下に持つフィデアホールディングスと東北銀行(盛岡市)は7日、包括的な業務提携を結んだと正式発表した。ビジネスマッチングなど地元企業への支援を強化するのが狙い。資本提携や経営統合は目指さず、経営の自主性を尊重する。

 事務を共通化してコストを削減し、余力の出た人員や資本を地元企業の支援に振り向ける。日銀のマイナス金利政策を受けた利ざや縮小で各銀行は収益を上げるのが難しくなっており、金融庁も提携などを通じて事務コストを削減するよう銀行業界に促していた。

 3行は今後、地元企業の販路や調達先を開拓する商談会の共同開催や、事業承継で問題を抱える取引企業への後継者の相互紹介で協力する。

 また、農業関連ビジネスや再生可能エネルギー分野など、取引企業の支援につながる取り組みでノウハウを共有する。

 専門性が求められる有価証券運用やリスク管理、ITと金融サービスを融合した「フィンテック」でも、人事交流や共同施策の検討を進める。

 3行が地盤とする東北地方でも全国各地と同様、高齢化や人口減少への対応が課題となっている。これまでも協調融資や、加工・販売まで手掛ける農業者らを支援するファンドの共同組成などで連携を進めてきた。