ローソン、セルフレジを全店舗導入へ 利便性向上や人手不足解消

 
ローソン、パナソニックの完全自動セルフレジ機「レジロボ」=大阪府守口市のローソンパナソニック前店

 ローソンが、買い物客が自分で商品のバーコードを読み取って会計する「セルフレジ」を全店で導入することが1日、分かった。買い物客の利便性向上や深刻化する店舗の人手不足解消につなげる。店舗ごとの状況に合わせて試行し、10月に予定される消費税増税までに全店で運用する。

 全国約1万4000店のレジは、既に通常のレジとセルフレジを切り替えることが可能となっている。各店舗は順次、混雑状況や従業員の勤務人数などによって使い分けて運用する。支払いの方法は、電子マネーやクレジットカードといったキャッシュレス決済限定となる。

 ローソンは従業員の負担軽減について、スマートフォンでバーコードを読み取り、レジを通らずに決済できる「ローソンスマホレジ」の導入店舗を10月までに1000店に増やす方針も示している。