中山製鋼所、再建の調整難航か 私的整理を疑問視する取引銀行も (2/2ページ)

2012.11.30 07:30

  • 米映画「ブラック・レイン」の舞台にもなった中山製鋼所=29日午前、大阪市大正区(本社ヘリから)

 ただ、生産拠点は大阪市にあり、関西電力の電気料金値上げで一段の収益悪化が見込まれ、取引銀行には私的整理での再建を疑問視する声が強い。新日鉄住金も増資引き受けに慎重で、調整が難航する可能性もある。

 新日鉄住金など鉄鉱石や石炭を原料とする高炉メーカーも需要低迷などで不振に陥っているが、国内に約40社ある電炉メーカーは生産コストの3割程度を電気料金が占めるだけに、値上げによる打撃は大きい。

 電炉業界は「地場産業でオーナー企業が多い」(大手鉄鋼メーカー幹部)こともあり、業界再編が進まなかった。これ以上の電気料金値上げは「廃業勧告に等しい」(日本鉄鋼連盟の友野宏会長)とされ、再編などで経営合理化を図らなければ体力のないメーカーは淘汰されるのは避けられそうにない。


産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。