食材偽装問題 外食大手がメニュー検査体制強化 業界団体含め対応 (1/3ページ)

2013.11.12 05:00

 高級ホテルや老舗百貨店で食材偽装や誤表示の問題が相次ぎ発覚していることを受け、ファミリーレストランや居酒屋などの大手外食チェーンも検査体制の強化に乗り出した。全国数百店以上の規模で共通メニューを提供する各社にとり、問題の芽を見過ごせば、業績低下の大きなリスクとなるだけに、業界団体も含めて防止策の強化を急いでいる。

 「営業部門とコンプライアンス(法令順守)部門の権限を明確にして、さらに脇を固めたい」。「手作り居酒屋 甘太郎」など約2100店舗を展開するコロワイドの野尻公平社長は、8日の投資家向け決算説明会でそう強調した。

 一連の問題発覚後にグループ73業態の全品目を再検査し、「鮮魚」などの誤解を招きかねないメニュー表記の変更を決定。今後、食材調達先やメニュー表記の検査担当者を増やすなどチェック体制の強化を図る。

すかいらーくもメニュー表記の確認を検討

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!