【金曜討論】CAのミニスカ制服 久我尚子氏「話題作りに一定の効果」 宝地戸百合子氏「保安業務に支障が出る」 (1/5ページ)

2014.4.4 08:44

久我尚子氏

久我尚子氏【拡大】

  • 宝地戸百合子氏

 中堅航空会社のスカイマークが5月末に新型機「A330」を導入するのに合わせて、同機の客室乗務員(CA)に着用させる新しい制服が波紋を広げている。膝上約15センチの青いミニのワンピースで、業務上支障が出る可能性が指摘され、国土交通省、厚生労働省も関心を寄せている。このミニスカ制服の是非について、ニッセイ基礎研究所の久我尚子准主任研究員と、CAの労働組合「客室乗務員連絡会」事務局の宝地戸百合子氏に見解を聞いた。(溝上健良)

 ≪久我尚子氏≫

  --あの制服をどう評価するか

 「本来は、日本の航空会社として初めて導入した新型機A330のゆったりとした『グリーンシート』の宣伝だったはずだが、スカートの長さだけに注目が集まってしまった。乗務員の業務のことを考えなければ、かわいらしくて元気さ、若さを訴求できていると感じる。緑のシートと制服の青、スカーフの黄色のコントラストがハッキリしていてきれいだな、という印象はある」

 --集客効果は

 「格安航空(LCC)との競争が激化する中で注目を集め、A330機を導入する路線の予約は好調と報道されており、集客という点では一定の成功を収めたといえる。ただ、日本航空の高級シート『クラスJ』と同等のシートをほぼ半額で提供する高品質・低価格という新しい試みをアピールするのが本来の目的だったはずなのに、ミニスカの話題が先行してむしろ悪評につながってしまったことは残念」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。