【成長ニッポン】夢の製品へ中小の技術結集 (2/4ページ)

2014.5.6 05:00

 プログラムを開発したaircord(エアーコード)の橋本俊行チーフプロデューサーは「楽しそうで、すてきなことだ」と二つ返事で引き受けたという。

 6社はお互いに顔を合わせることなく、富士ゼロックスのソリューションサービスを通じ図面や動画をやりとりしながら、入念な事前検証を実施。駒を動かすロボットアームの設計製作を担当したTASKO(タスコ)の木村匡孝(まさたか)工場長は「駒をつかんで180度回転させる動作が難しかった」と振り返る。

 富士ゼロックスのフェアなどで展示。アームがしっかりと駒を動かすセルフ将棋に来場者の関心は非常に高いという。

 タスコの木村工場長は「他社との連携でネットワークが広がり、新しいノウハウも身についた」とプロジェクトの意義を強調。富士ゼロックスとしては、中小企業向けソリューションサービスの強力なPRとなるだけに、「第2弾も検討中」(山崎氏)で、大手と中小がタッグを組んでウィン-ウィンの関係を築く新たなモデルを目指す。

 ◆先駆けは人工衛星

 中小企業が連携したプロジェクトの先駆けとされるのが、大阪府東大阪市の小型人工衛星「まいど1号」だ。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力を得ながら2009年1月に打ち上げられ、地球の撮影などに成功し、日本中が沸いた。翌年から宇宙開発協同組合SOHLAに移行し、月面で二足歩行するヒト型ロボットの開発を進めている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!