「温かみのある音」アナログレコード人気復活 プレーヤー新製品、中古店も (2/2ページ)

2014.7.23 09:00

 国際レコード産業連盟によると、レコードの売り上げは06年に3400万ドル(約34億円)まで落ち込んだが、その後、増加。13年は2億1800万ドル(約220億円)で、90年代後半より増えている。

 レコード店とアーティストが協力するPRイベントが世界各地で行われ、日本でもきゃりーぱみゅぱみゅさんら人気アーティストがレコードの限定盤を発表。デジタル機器にない音や大振りのジャケットなど、レコードの良さが中高年だけでなく、若者にも認識され始めている。

 「手書きで文字を書く感じ。音質に温かみがある」。レコードでDJプレーを行うDJ KENSEIさんは話す。曲を完璧に再生するCDと異なり、レコードは扱い方やほこりが落ちただけで音が飛んだりして、ライブ感やDJの人間性が出るのが魅力という。

 ローソンHMVは中古レコード販売への本格参入を決め、8月2日に東京・渋谷に新店をオープンする。40~60代がターゲットだが、安価なプレーヤーも用意。「20~30代にも聞いてほしい」と期待する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。