7月の新車販売台数、2.5%減 2カ月ぶり前年実績下回る

2014.8.2 05:00

 軽自動車を含めた7月の国内新車販売台数が、前年同月比2.5%減の46万260台と2カ月ぶりに前年実績を下回ったことが明らかになった。消費税増税前の駆け込み需要に伴う受注残がなくなったことや、昨年同時期に発売した新型車の販売効果が薄れてきたことなどが要因。日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)がそれぞれ1日発表した。

 軽自動車は7.1%減の17万4374台で、13カ月ぶりのマイナス。新機軸の軽のスポーツ用多目的車(SUV)「ハスラー」の販売が好調なスズキ以外の主要メーカー7社が軒並み前年割れとなった。

 普通車や小型車などの登録車は0.3%増の28万5886台で、4カ月ぶりに増加に転じた。ただ、自販連は、「昨年の販売が低水準のホンダと貨物車の販売を除けば、前年比は6.2%減。反動減の影響がなくなったとはいえない」と分析している。今後は9月以降、前年実績を下回るとの見通しを示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。