7月白物家電出荷額16%減 三菱電機など、新製品で市場てこ入れ (1/2ページ)

2014.8.27 06:40

三菱電機が発売するエアコン「霧ケ峰Zシリーズ」の新製品をPRする女優の杏さん=26日、東京都江東区

三菱電機が発売するエアコン「霧ケ峰Zシリーズ」の新製品をPRする女優の杏さん=26日、東京都江東区【拡大】

 日本電機工業会(JEMA)が26日発表した7月の白物家電の国内出荷額は前年同月比15.9%減の2261億円で、3カ月連続のマイナスとなった。落ち込み幅が15%を超えるのは2011年11月以来、2年8カ月ぶり。猛暑だった前年と異なり天候不順でエアコンなどが伸び悩んだうえ、消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減も響いた。各社は年末商戦に向け、新製品でてこ入れする構えだ。

 製品別では、出荷額全体の約5割を占めるエアコンが17.4%減の1075億円で、3カ月連続で前年を下回った。昨年は猛暑と景気回復で販売好調だったが、今年は台風などによる天候不順で客足が伸びなかった。

 このほか冷蔵庫が21.6%減の431億円、洗濯機が14.1%減は204億円で、それぞれ2カ月連続のマイナスとなるなど、主要製品全てで前年を下回った。

 こうした中、三菱電機と日立アプライアンスは同日、冬商戦に向け、新製品を発表した。

三菱電機は「冬は持ち直すだろう」と期待

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。