パナソニック、大和ハウスに茨木工場敷地を売却 プラズマ撤退が影響 (1/2ページ)

2014.10.1 16:25

 パナソニックは9月30日、ブラウン管テレビや薄型テレビを生産してきた茨木工場(大阪府茨木市)の土地約12万平方メートルを、大和ハウス工業に売却する契約に調印した。

 関係者によると売却額は二百数十億円。平成27年3月末に引き渡す。大和ハウスは用地の3分の2程度をヤマト運輸に貸し、残りは住宅以外の事業用地として分譲する方針。

 ヤマトは最新鋭の物流施設を建設。各地の配送所を結ぶハブ(結節点)拠点として、28年までに関西で「即日配達」を実現させる計画だ。

 用地の南東にある家電修理部門の建物と周辺の土地は、パナソニックが賃借りして数年間は使い続ける。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。