ホンダ、ビジネスジェット機向けエンジンの外販本格化 シェア3分の1獲得へ  (2/2ページ)

2014.10.16 19:00

 ビジネスジェットの市場規模は20年に300~400機に拡大する見込みで、エンジンは現在、米プラット・アンド・ホイットニーと米ウィリアムズの2強が独占している。

 本田技術研究所の藁谷篤邦(わらがい・あつくに)取締役はエンジンの外販について「ホンダジェット向けと同じくらいの台数を確保できればいい。将来的には市場の3分の1を目指したい」と述べた。現在、ホンダジェットの受注数は100機を超えた段階だが、今後は年間100~200機の販売を目指す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。