「ゲイは誇り」なぜいま告白? “吹っ切れた”アップルCEOの決意 (1/6ページ)

2014.11.22 17:10

 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が同性愛者であることを告白し、波紋を広げている。世界的な大企業のトップが進んで同性愛を告白するのは異例で、「勇気づけられた」と各界から称賛の声が相次いでいる。宗教上の理由などから同性愛に不寛容な国も少なくなく、同社の海外ビジネスへの影響を懸念する声も出ているが、クック氏の決断の背後には、キャリア実現と本当の自分の姿とのはざまで葛藤してきた“数知れぬクック”たちの存在があった。

 「神の贈り物」

 「はっきりと言わせてほしい。私はゲイ(同性愛者)であることを誇りに思っている」

 クック氏は10月30日の米誌ブルームバーグ・ビジネスウイーク(電子版)に手記を寄せ、「同性愛者であることは、神から与えられた最高の贈り物の一つ」とまで言い切った。

 手記の中でも触れられているが、クック氏が同性愛者であることは、実はアップル社内の同僚の多くが知っており、IT業界でもしばしば噂になっていた。ここ数年、同性愛者向けの情報誌が選ぶ「米国でも最も影響力のある同性愛者」の上位の常連でもあった。

「私のプライバシーを犠牲にする価値がある」と強調

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。