「ゲイは誇り」なぜいま告白? “吹っ切れた”アップルCEOの決意 (2/6ページ)

2014.11.22 17:10

 そのクック氏がなぜ今、自らカミングアウト(告白)なのか。手記で、「プライバシーを守りたいという自分の願望が、自分がもっとなすべき大事なことを妨げていた」と語ったクック氏は、アップルのCEOも同性愛者だと分かることで、自身を受け入れるのに苦労したり孤独な人が慰められるなら、「私のプライバシーを犠牲にする価値がある」と強調している。

 さらに、「(同性愛者として)居心地が悪いこともあったが、逆境や偏見に負けない自信ができた。面の皮がサイのように厚くなった。これはアップルのCEOとしては都合がいい」と冗談めかしたあたり、すっかり本人も“吹っ切れた”様子がうかがえる。

 欧米では、芸能界やスポーツ界などでは同性愛者や両性愛者であることを公言する人が増えている。ハリウッドの名女優ジョディ・フォスターさんや、競泳界のスターだったイアン・ソープさんなどが有名だ。

「勇気とは、真のリーダーとは何かを教えてくれた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。