川崎重工、韓国向け発電ボイラー受注 17年中に運転開始へ

2015.1.23 05:51

 川崎重工業は22日、韓国の大手製紙会社である全州製紙向けに、廃棄物を燃料とする発電用の「内部循環流動床ボイラー」を受注したと発表した。受注額は数十億円とみられる。同タイプのボイラーとしては同社で過去最大となる毎時131トンの高温・高圧蒸気を供給できる。

 木質チップや古紙と廃プラスチックが原料の固形燃料「RPF」など、さまざまな廃棄物や汚泥を燃料に使える。今後、播磨工場(兵庫県播磨町)で製造し、2016年春ごろに出荷。全州製紙は、17年中に運転を開始し、発電した電力は電力事業者に売電する計画。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。