据置型ゲーム機がなくなる? ソニーとサムスンが「プレステナウ」で組む理由 (5/5ページ)

2015.1.31 07:10

サムスン電子のテレビに直接、コントローラーをつないでゲームを楽しめる「プレイステーションナウ」。米家電見本市でも注目度が高かった=1月7日、米ラスベガス

サムスン電子のテレビに直接、コントローラーをつないでゲームを楽しめる「プレイステーションナウ」。米家電見本市でも注目度が高かった=1月7日、米ラスベガス【拡大】

  • ソニーの据え置き型ゲーム機「プレイステーション4」(ブルームバーグ)

 サムスンは米国で液晶テレビのシェア首位。ソニーからみると、ゲーム愛好家だけでなく、テレビ視聴者に幅広くサービスを提供できる。収益基盤が強固になるだけでなく、利用者の裾野を広げることにもつながる。

 最新機種のPS4の世界累計販売台数は、1月4日時点で1850万台と、同世代の他の据え置き型ゲーム機に差をつけている。プレイステーションナウのサービスは現在、一世代前のPS3のソフトが対象だが、いずれは最新のゲームが提供される可能性もある。仮に「PS5」が発売されなければ、それはソニーのゲームがテレビを通して、世界中に行き渡ったことを示すのかもしれない。(高橋寛次)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。