“顔が命”のトヨタ「エスクァイア 」 高級感はあるが…パワー不足 (7/8ページ)

2015.3.1 07:02

 運転席で大半の時間を過ごしたので、リアシートは走行中は試せなかったけれど、豪華な感じを受けました。シートヒーターが付けばより良い気がします。

 全体としてみると、どこにもとがった所がなく中庸でさすがトヨタの製品であるという気が強くしました。ハイブリッドのため重量はかさむし、乗り心地の面では有利に働きそうでも、加速は悪くなりそうだし、実際、動き出しはエンジンとモーター両方使うとスッとスタートするけど、高速の合流くらいまで速度が上がると、モアパワーが欲しいと思いました。

 ブレーキに関しても、強めのブレーキ時は姿勢変化が大きいようなきがしたし、回生ブレーキの仕掛けがあるのでどこまで信用して良いか一抹の不安があった事を書いておきます。

 このサイズ(5ナンバー枠)のミニバンで、なるべく室内を広くしたいし乗り心地や燃費、それにハンドリングを良くしたいと思うと難しいのは充分に理解できるのですが、もう少し乗り心地よりブレーキ時の安定とハンドリングの向上を期待したいと思います。街中での平均速度が下がったのは、ミニバンが増えたせいだと密かに思うのは私だけではないでしょう。

 今回の点数は甘めにつけて60点としました

なぜ『ヴォクシー』、『ノア』、『エスクァイア』の3モデルが必要なのかよく分からなかった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。