シャープが不振事業の説明会に熱心なワケ “ゾンビ化”疑う主力行 (1/4ページ)

2015.4.18 17:10

報道陣に初公開されたシャープ堺工場の太陽電池の生産ライン=30日午後、堺市堺区(甘利慈撮影)

報道陣に初公開されたシャープ堺工場の太陽電池の生産ライン=30日午後、堺市堺区(甘利慈撮影)【拡大】

  • シャープの太陽電池事業の説明会。説明する向井和司常務執行役員=堺市堺区(甘利慈撮影)

 経営再建中のシャープが液晶、太陽電池など不振事業の事業説明会に熱心だ。平成27年3月期は最終赤字に沈む業績予想を公表した後、主力取引銀行への資本支援要請も発覚。不振事業の分社化、売却、撤退、縮小などの観測が浮上するなか、継続を内外にアピールして先行きへの不安を払拭する狙いがあるとみられる。ただ破綻した中期経営計画に代わる計画を策定している最中。抜本的な構造改革で再建を確かなものにしたい銀行側にはリストラ対象の“延命への予防線”と受け止めもある。

 継続を宣言

 「現在、ソーラー事業をやめるとか、売却するという事実は一切無い。ご覧いただきましたようにブラックソーラー(主力製品)の生産は継続していく」

 3月30日、太陽電池パネルを生産する堺市内の工場でシャープは事業説明会を開き、向井和司常務執行役員が事業継続を宣言した。

 シャープの太陽電池事業は苦境に陥っている。ほんの1年前の26年3月期は固定価格買い取り制度を追い風にしてメガソーラー向けが好調。当時子会社だった米リカレント・エナジーの大型案件の収入もあって、営業損益は324億円の黒字を計上した。ところが、27年3月期は中国勢の安価なパネルの普及や、消費税増税後の新規住宅着工減少に伴い業績が急速に悪化。50億円の営業赤字への転落を見込む。

太陽電池、テレビ、液晶事業の不振によってシャープは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。