「携帯2年縛り」解消に疑問符 料金規制撤廃で実効性乏しく (2/3ページ)

2015.7.17 07:12

携帯電話の契約で一般的な「2年縛り」がなくなるか注目される(ブルームバーグ)

携帯電話の契約で一般的な「2年縛り」がなくなるか注目される(ブルームバーグ)【拡大】

  • 国内で人気のスマートフォン「iPhone 6」

 利用者の約9割が選択する「2年縛り」と呼ばれるプランは、毎月の基本的な料金を安くする代わりに契約期間を2年に固定し、申し出がなければ自動更新される仕組み。

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社とも無料で解約できるのは契約期間に達した直後の1カ月間に限られ、それ以外の時期だと9500円(税別)の違約金がかかる。「3日遅れただけで違約金を取られた」(50代男性)などと、利用者から不満の声が出ていた。

 3社とも2年縛りのないプランも用意しているが、有識者会議は、料金が高い上に店頭での説明も不十分だとして「利用者の選択は実質的に機能していない」と指摘。3社は今春、無料解約期間を2カ月に延ばす方針を示したものの、より踏み込んだ対応が必要だと判断した。

無料解約プランの設け方については、従来料金の…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。