万年筆「自分の色」がブーム カラーインク販売急増、ブレンダーも活躍 (1/5ページ)

2015.7.20 07:45

インク工房でインクを混ぜながら、お客の好きな色を作り上げるセーラー万年筆のインクブレンダー、石丸治氏(左から2人目)=5日、東京都千代田区

インク工房でインクを混ぜながら、お客の好きな色を作り上げるセーラー万年筆のインクブレンダー、石丸治氏(左から2人目)=5日、東京都千代田区【拡大】

  • パイロットが販売している「色彩雫」シリーズ(同社提供)

 緑やオレンジ、イエローといったカラーインクを求める万年筆ファンが増え、ブームの兆しを見せている。万年筆で書く楽しさを知ると、次にはまるのが色だ。黒や青が定番だが、いろいろな色を楽しみたいという声に応える格好で、メーカーや文房具店などが色とりどりのインクを売り出している。

 パイロットコーポレーションが24色のシリーズを用意すると、セーラー万年筆は「自分だけの色」を作ってくれる工房を開く。個性を表現できるカラーインクの売り上げは急増、2014年は12年比で約2、3倍に膨らんだ。

 「この青を作ってほしい」。5日午前、東京駅前の大型書店「丸善」でセーラーが開いた「インク工房」に、若い夫婦が訪れ、女性が写真を見せてこう注文した。

 ちょうネクタイをした工房の主、同社文具事業部企画部のインクブレンダー、石丸治氏はカウンターに並ぶ12色のインクと希薄液から数色を選び、スポイトでインクを少しずつパレットに落として混ぜた。女性が試し書きをしながら「もう少し明るく」と求めると、さらに数滴を加えた。

こうしたやりとりを8回繰り返して納得の色に仕上がると…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。