ロボットに込めたホンダ精神 技術は人のために…事業化第1弾「歩行アシスト」 (3/4ページ)

2015.8.28 06:34

ホンダの「歩行アシスト」。11月にリース販売が始まる(ブルームバーグ)

ホンダの「歩行アシスト」。11月にリース販売が始まる(ブルームバーグ)【拡大】

  • ホンダが1993年に初めて開発した人型ロボット「P1」。身長191センチ、重さ175キロの大型だった(同社提供)
  • 1997年に開発した「P3」(右)と初代ASIMO。P3は身長160センチ、重さ130キロまで小型・軽量化を進めた(同社提供)
  • 現在のアシモ。水筒の蓋をひねって開けることができる(同社提供)
  • ホンダの「歩行アシスト」。11月にリース販売が始まる
  • ホンダの「歩行アシスト」。11月にリース販売が始まる

 93年に誕生した2本の腕が付いた人型ロボットの第1号機「P1」は、ものをつかんで運ぶ機能を追加。ただ、身長191センチ、重さ175キロと大型で、電源や制御コンピューターが外置きと実用にはほど遠かった。

 21世紀に入ると、一般的な生活空間で使用することを前提としたアシモの開発がスタートした。これまでの開発でアシモは時速9キロで走り、片足ジャンプもできるまでに進化。さらに、水筒の蓋を開けて水をコップに注いだり、人にぶつからないように歩いたりと知的能力も進化している。

 高所調査や移動手段

 一方で、ロボット技術の研究が、歩行アシストなどの派生製品として広がっている。例えば、2013年に実証実験を始めた「高所調査用ロボット」は、東京電力福島第1原子力発電所で、建屋内の高所で狭い場所などの構造把握に活用されている。また、空港などでの使用を想定する1人乗りの新型電動車両「UNI-CUB(ユニカブ)」など新たな“移動”手段も提案している。

「約3000万人の高齢者の介護予防まで使用が広がれば需要は大きい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。