ロボットに込めたホンダ精神 技術は人のために…事業化第1弾「歩行アシスト」 (4/4ページ)

2015.8.28 06:34

ホンダの「歩行アシスト」。11月にリース販売が始まる(ブルームバーグ)

ホンダの「歩行アシスト」。11月にリース販売が始まる(ブルームバーグ)【拡大】

  • ホンダが1993年に初めて開発した人型ロボット「P1」。身長191センチ、重さ175キロの大型だった(同社提供)
  • 1997年に開発した「P3」(右)と初代ASIMO。P3は身長160センチ、重さ130キロまで小型・軽量化を進めた(同社提供)
  • 現在のアシモ。水筒の蓋をひねって開けることができる(同社提供)
  • ホンダの「歩行アシスト」。11月にリース販売が始まる
  • ホンダの「歩行アシスト」。11月にリース販売が始まる

 その中で、事業化の第1弾となる歩行アシストは、比較的地味な印象が強い製品だ。だが、脳疾患や神経疾患、人工股関節のリハビリ需要は国内で約40万人。加えて「約3000万人の高齢者の介護予防まで使用が広がれば需要は大きい」(開発担当者)。6月に就任したホンダの八郷隆弘社長も「着実に実績をつくりたい」と将来を見据える。

 ホンダが地道に開発を続ける中、国内ではソフトバンクが6月に人型の自律移動型ロボット「ペッパー」の一般販売を始めた。トヨタ自動車も開発に取り組むなど競合の攻勢は激しい。30年来の研究を生かし、ホンダが市場の主導権を握ることができるか。第1弾となる歩行アシストの“歩み”が成否を左右する。(会田聡)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。