【上海摩天楼】ソフト競争力、まだまだ日本が優位 安川電機・中国常州の工場 中大生が視察 (1/5ページ)

2015.9.10 06:06

安川電機・中国現地法人の産業用ロボット工場でアーム操作を体験する中央大学の学生ら=中国江蘇省常州市(河崎真澄撮影)

安川電機・中国現地法人の産業用ロボット工場でアーム操作を体験する中央大学の学生ら=中国江蘇省常州市(河崎真澄撮影)【拡大】

 「あるいはハードウエアで中国企業に追いつかれる日が来るかもしれないが、ソフトウエアの競争力はまだまだ強い」。安川電機が2013年5月に中国の江蘇省常州市で本格生産を始めた産業用ロボット工場で、現地法人の荒木伸弥社長は、日本から視察に訪れた大学生らを前に強い自信をのぞかせた。

 「13億6000万もの人口を抱える中国で産業用ロボット工場がなぜ必要なのか」「生産ラインで金属表面を洗浄剤を使わずにドライアイスを吹き付けて洗浄する最新鋭の技術を中国で導入したのはなぜか」「製品技術を模倣される恐れはないか」などと鋭い質問が飛び交った。

 訪れたのは、グローバル人材の育成を目指して中央大学(酒井正三郎総長・学長)が中国経済の最前線を自分の目で見てもらおうと企画した「企業研究プログラム@上海」に、学内で選抜されて参加した計14人の学部生と大学院生。6日から13日までの日程で江蘇省や上海市で政府機関、日系企業、中国企業などの話に耳を傾け、自分たちが進むべき道を探している。

これまで中国市場は高度な技術を持つ日本勢や欧米勢の独壇場だったが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。