炭酸コスメ、東南アジア展開 エムズサイエンス・山口真社長 (1/4ページ)

2015.12.28 05:26

 化粧品・医薬部外品などの企画開発を手がけるエムズサイエンス(福岡市)は、炭酸化粧品の東南アジア展開を視野に、台湾などで本格的な市場調査に乗り出す方針を明らかにした。手軽に使える炭酸化粧品「ル・ソイル」シリーズは、炭酸の成分を容器に充填(じゅうてん)できる技術が特徴で、炭酸コスメを使うさいの手間を省いた。山口真社長は「東南アジアでは、日本の化粧品のブランド力が高い」としており、日本の女性に注目されている炭酸コスメの海外展開を急ぐ考えだ。

 「日本では炭酸コスメが浸透してきたので、肌の悩みを抱えている海外の女性にも、炭酸コスメの力を実感してもらいたい」。東南アジアへの販売網の開拓を検討する山口社長は、こう力を込める。

 実体験もとに開発

 同社が炭酸コスメの開発を手がけた背景には、山口社長自らの体験がある。物理・化学・数学の教員をしていた山口社長は、皮膚科に通院するほど肌荒れに悩まされていた。自らの肌荒れを改善するために、化粧品について調べ始めたという。

 26歳で教師を辞め、化粧品業界に転身。自ら化粧品の開発ビジネスに携わる中で、皮膚再生治療の一つとして、炭酸ガスが利用されていることを関係者から聞き、自分の肌で効果を試してみることにした。

「美容向けとして開発された炭酸パックを使ううちに、みるみる自分の肌が変わっていった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。