【ガバナンス経営の胎動】(3-1)企業統治表彰、新たなステージに (1/3ページ)

2016.2.26 05:00

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015の表彰式。宮内義彦・日本取締役協会会長(左)から大賞のトロフィーを受け取る津谷正明・ブリヂストンCEO兼会長=2日、東京都千代田区

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015の表彰式。宮内義彦・日本取締役協会会長(左)から大賞のトロフィーを受け取る津谷正明・ブリヂストンCEO兼会長=2日、東京都千代田区【拡大】

 コーポレートガバナンス(企業統治)を充実させることにより、企業活動を発展させ、日本経済を元気にする-。そのための仕組みが2015年、相次いで整備された。会社法の改正やコーポレートガバナンス・コードの策定などで上場企業を取り巻く“枠組み”が一変、国内外の投資家からは「日本のDNAが変わった」とまで言われている。とはいえ、肝心なのは仕組みではない。結果だ。結果が出る“ガバナンス経営”とはどういうものなのか。日本取締役協会(会長・宮内義彦オリックス シニア・チェアマン)が創設した表彰制度「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー(ガバナンス表彰)」は、その“具体例”を示すものとして注目されている。(青山博美)

                   ◇

 16年2月2日、東京・内幸町の帝国ホテル東京。日本取締役協会は、同日午後5時から開いた「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015(ガバナンス表彰)」の式典で、タイヤ世界最大手のブリヂストンを大賞企業(Grand Prize Company)、世界シェア2位の建設機械・重機械のメーカーであるコマツ、日本を代表する精密機器・ガラス企業のHOYA、銀行持ち株会社のりそなホールディングス、大手専門小売業の良品計画の4社を入賞企業(Winner Company)として表彰した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。