【ガバナンス経営の胎動】(3-2)“稼ぐ力”に照準、攻めの姿勢評価 (4/7ページ)

2016.2.26 05:00

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015の受賞者ら。左から斉藤惇審査委員長、稲垣泰弘コマツ常務、中川知子・HOYA・コーポレート企画室総務・渉外担当ゼネラルマネージャー、津谷正明・ブリヂストンCEO兼会長、津谷典子夫人、増田賢一朗・りそなホールディングス執行役、松崎暁・良品計画社長、宮内義彦・日本取締役協会会長=2日、東京都千代田区

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015の受賞者ら。左から斉藤惇審査委員長、稲垣泰弘コマツ常務、中川知子・HOYA・コーポレート企画室総務・渉外担当ゼネラルマネージャー、津谷正明・ブリヂストンCEO兼会長、津谷典子夫人、増田賢一朗・りそなホールディングス執行役、松崎暁・良品計画社長、宮内義彦・日本取締役協会会長=2日、東京都千代田区【拡大】

  • 表彰式後の懇親会で乾杯の挨拶に立つ日本取引所グループ取締役兼代表執行役グループCEOの清田瞭氏(左)
  • コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015の表彰式。当日は関係者のほか、報道関係者も多数詰めかけた
  • 表彰式で特別講演する伊藤邦雄・一橋大学CFO教育研究センター長=2日、東京都千代田区
  • 表彰式で挨拶する斉藤惇・審査委員長(KKRジャパン会長)

■経営者の判断重視、役割を明確化

 社外取締役の有用性

 中でも、これらの企業は“人”、特に“経営者”の判断や選択そのものの重要性を強く認識し、これらに対してコーポレートガバナンスの持つ力を遺憾なく発揮させている。

 入賞企業のりそなホールディングスに対するインタビューでは、経営者から「社外取締役は社長の介錯人」という発言があった。良品計画では「正しい経営者を選ぶことが大事。なぜなら正しい企業を目指しているから」という基本認識が示されたという。

 両社には、現行の経営者にこれからもこの企業のかじ取りを任せ続けていいのか、そうではないなら誰が経営を担うべきなのか…を考えるコーポレートガバナンスの本質的な機能が根付いている。

 バブル崩壊による余波が日本を覆い尽くした1995年に社外取締役を導入したHOYA。今では取締役会の過半数を社外取締役が構成している。社外取締役のアドバイスの有用性が認識されており「社長は社外取締役と社内出身者の意見が割れたときの仲裁役」という。一方、コマツでは「利益を出せ、原価を下げろではなく、『そうなる仕組みをつくること』が社長の仕事だ」と断言する。

 これらの企業は、ガバナンス経営で経営者の役割が明確化され磨かれた好例かもしれない。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。