【ガバナンス経営の胎動】(3-2)“稼ぐ力”に照準、攻めの姿勢評価 (7/7ページ)

2016.2.26 05:00

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015の受賞者ら。左から斉藤惇審査委員長、稲垣泰弘コマツ常務、中川知子・HOYA・コーポレート企画室総務・渉外担当ゼネラルマネージャー、津谷正明・ブリヂストンCEO兼会長、津谷典子夫人、増田賢一朗・りそなホールディングス執行役、松崎暁・良品計画社長、宮内義彦・日本取締役協会会長=2日、東京都千代田区

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015の受賞者ら。左から斉藤惇審査委員長、稲垣泰弘コマツ常務、中川知子・HOYA・コーポレート企画室総務・渉外担当ゼネラルマネージャー、津谷正明・ブリヂストンCEO兼会長、津谷典子夫人、増田賢一朗・りそなホールディングス執行役、松崎暁・良品計画社長、宮内義彦・日本取締役協会会長=2日、東京都千代田区【拡大】

  • 表彰式後の懇親会で乾杯の挨拶に立つ日本取引所グループ取締役兼代表執行役グループCEOの清田瞭氏(左)
  • コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2015の表彰式。当日は関係者のほか、報道関係者も多数詰めかけた
  • 表彰式で特別講演する伊藤邦雄・一橋大学CFO教育研究センター長=2日、東京都千代田区
  • 表彰式で挨拶する斉藤惇・審査委員長(KKRジャパン会長)

 □りそなホールディングス取締役兼代表執行役社長・東和浩氏

 りそなグループは、2003年より委員会等設置会社に移行、以後12年間にわたり、社外取締役を中心としたガバナンス改革に真摯に取り組んでまいりました。今後も、りそならしい、より実効性のあるコーポレートガバナンスを追求し、企業価値向上と持続的な成長のできる金融サービスグループを目指してまいります。

                   ◇

 □良品計画代表取締役社長(兼)執行役員・松崎曉氏

 良品計画は、中期経営計画の中軸に「さらなるグローバル化」をおいており、海外事業比率の高まり、文化の異なる海外人材の増加は、今後さらに加速していくものと考えております。グローバルな成長のために重要なことは、さまざまなステークホルダーとの対話及び情報開示に基づく、透明性のある企業統治を行う企業風土の醸成と捉えております。今後も、社外役員をはじめとする、異なる文化・価値観を持つさまざまなステークホルダーから、広く意見を吸収する体制をさらに発展させ、グッドガバナンスを目指して邁進する所存でございます。(■(3-3)「企業成長に集中できる体制づくりを」 に続く)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。