CO2回収技術、初の産業化 スイス企業、商業プラント稼働へ (2/2ページ)

2016.3.9 05:00

スイスのベンチャー企業クライムワークスによる、二酸化炭素の回収・貯蓄システム(同社提供)

スイスのベンチャー企業クライムワークスによる、二酸化炭素の回収・貯蓄システム(同社提供)【拡大】

 クライムワークスの顧客第1号はチューリヒ市内にある温室だった。光合成に最適な状況で植物が成育するように、CO2の濃度を高める必要があったのだ。同社はCO21トンを約100スイスフラン(約1万1350円)で作り出し、それを200~300スイスフランで売却する。

 ゲバルド氏によれば、炭酸飲料や食品保存、病院が同社の潜在的な市場となる。これらの業種は通常、CO2を化石燃料から生成する化学工場から供給を受けている。

 クライムワークスは「炭酸飲料世界最大手」と協議中で、今年前半に契約する見通しだ。

 同社が大気から取り出したCO2は、誰かがコーラの缶のタブを開けると、大気中に戻ってしまうが、それでも同社は化学工場の半分のCO2排出量で済むため、地球に貢献していると主張する。

 ゲバルド氏は「当社が大気中からCO2を除去する分だけ、化石燃料を掘削しなくて済む」と話している。(ブルームバーグ Anna Hirtenstein)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。