三菱化学の赤色蛍光体特許、中国が有効性認定

2016.4.21 16:34

 三菱化学は21日、物質・材料研究機構と保有する赤色蛍光体の特許について、中国特許復審委員会が有効性を認めたと発表した。同社は昨年1月、中国の深セン市中級人民法院に、煙台希爾徳新材料有限公司(シールド社)と米インテマティックス社が中国での生産や販売を止めるよう求める訴えを起こしたが、特許が認められたことで勝訴の可能性が高まった。

 赤色蛍光体は、白色発光ダイオード(LED)の主要部材として使われている。三菱化学は窒化物系の赤色蛍光体やそれを使ったLED、照明などを広くカバーする特許を保有し、中国のほかに日本と米国、韓国、台湾でも登録されているという。同社は韓国でもインテマティックスと販売代理店を相手に同様の訴えを起こし、昨年勝訴している。

 今回の認定について同社は、「今後も特許を侵害する製品を実施するようなことがあれば、これを看過することなく、適正な対応を取る」としている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。