LINE、日米上場で世界戦略加速 日本市場は高シェアで開拓余地小さく (2/2ページ)

2016.6.11 07:10

LINEは、スマートフォンを使って無料で通話やメッセージのやりとりができる(ブルームバーグ)

LINEは、スマートフォンを使って無料で通話やメッセージのやりとりができる(ブルームバーグ)【拡大】

 LINEは国内の利用者が約6800万人と人口の5割を超えている。ただ、圧倒的なシェアがあるだけに今後は利用者を飛躍的に伸ばすことが難しいとみられる。一方で海外は米ワッツアップや韓国カカオトークなど大手との競争が激しい。このため、LINEはまずシェアが大きい台湾、インドネシア、タイで海外展開の足場を固める考え。米国上場は世界での知名度を向上させる狙いもある。

 また、今夏をめどに仮想移動体通信事業者(MVNO)として格安スマートフォンの通信サービス提供など、さまざまな新規事業を予定している。調達資金を国内外での投資に活用し、新たな成長シナリオを描けるかが問われそうだ。(高橋寛次)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。