携帯3社の長期割引、顧客から不満続出 料金プランさらに複雑に (2/3ページ)

2016.6.28 06:38


【拡大】

  • 携帯各社の長期割引に利用者の不満が続出している(ブルームバーグ)

 一方、ドコモのサービスで、個人で毎月2ギガバイトのデータ通信量を利用できる「データSパック」の加入者は、15年以上契約していないと割引を受けられない。その点では、3年目からデータ通信量にかかわらず毎月200円の割引が受けられるソフトバンクの方が有利だ。

 ソフトバンクの場合は、データ通信量が多くても少なくても、3年目以上なら何年目だろうが、200円の料金割引か500円のTポイント還元かが選べる仕組み。つまり、3年目の契約者でデータ通信量が少ない人には他社より割引が大きいが、あまり長く契約し続けても特典が増えないというデメリットがある。

 また、500円のTポイントがソフトバンクグループのヤフーの通販サイトなどでしか使えないところにも不満の声が聞かれる。

 ポイント還元に限定したKDDIはどうか。ソフトバンクが提供する500円以上のポイント還元を受けるには、標準的とされる毎月5ギガバイトの場合は16年以上のかなり長い契約期間が必要となる。またドコモと違い、KDDIの長期契約サービス「auスター」を受けるためには、ショップやインターネット上で申し込まなければならない。ただ、KDDIのポイントは、料金値引きにも使えるなど用途を限定していないところはソフトバンクよりも有利な点だ。

NTTは料金プランの見直しに終わりはないことを強調しているが…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。