後世に伝えるミュージアム作りたい 乃村工藝社・デザイナー 鈴木不二絵さん (1/3ページ)

2016.8.29 05:00


【拡大】

  • ベルギー・ブリュッセルの広場で花鳥風月を表現した鈴木さんのデザイン。高い評価を受けた

 リオ五輪の閉会式で“TOKYO”をアピールする重要な役割を果たしたのがドラえもん。原作者は藤子・F・不二雄さんで、原画などが展示されている「藤子・F・不二雄ミュージアム」(川崎市多摩区)は、子供から大人まで多くの人が訪れる人気スポットとして知られている。そのミュージアムのロゴマークやポスター、広告などのデザインを担当しているのが、乃村工藝社のデザイナーである鈴木不二絵さんだ。

 ◆リサーチ力に高評価

 鈴木さんは幼い頃、母親から与えられた白い紙にひたすら絵を描いていた。漫画や絵本も大好きで、中学卒業後は自然な形でデザイン専門の札幌市立高等専門学校に入学した。音楽を聴いてイメージした絵を描くなど7年間にわたってユニークな授業を受け、空間のプロデュースを行う乃村工藝社に入社した。「1人の人生を後世に伝えるミュージアムを作りたい」。それが志望動機だった。

 デザイナーとして入社したが、最初に配属されたのは記念館など文化施設に携わる部署。打ち合わせに参加して議事録を取るなど、“石の上にも3年”ということわざ通り、仕事を行っていく上で不可欠となる部分を徹底的に学んだ。

 転機が訪れたのはその後の部署。ゲームやアニメコンテンツ系企業のグラフィックを担当するようになり、「違う会社へと移ったようなイメージを受けた」という。企業イベントやショールームなどのグラフィックデザインを積極的に手掛けるようになり、実績を積み上げていった。そして藤子・F・不二雄ミュージアムのロゴ作成という、大きな仕事にたどりつく。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。