JICA、日本初の社会貢献債350億円

 国際協力機構(JICA)は2日、社会問題の解決につなげる資金を調達するための債券を発行すると発表した。「社会貢献債(ソーシャルボンド)」と呼ばれる債券で、国際機関が定めた定義に基づき、国内では初めて発行される。総額350億円を今月20日に発行する。このうち200億円分は償還期間10年で利率は0.1%。150億円は30年債で利率は0.59%。同債券にはT&Dホールディングスが35億円、日本生命保険が30億円、第一生命保険が23億円、損害保険ジャパン日本興亜が17億円の投資を決めた。環境や社会、企業統治を重視して投資先を選ぶ「ESG投資」の一環。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行も投資する方向だ。