新生活に伴うサービス、利用者目線で提供 リベロ・鹿島秀俊社長 (2/2ページ)


【拡大】

 --法人向けに新サービスを導入する

 「相談が多くなってきたので、8月から法人向けに従来の事務所物件紹介と引っ越し手配に加え、電気工事、内装などを手掛けることにした。事務所の引っ越しは多くの業務が重なり忙しいので、潜在需要は大きいだろう。手間が省けるだけでなく、相見積もりによる競争原理が働き価格も下げられる」

 --成長戦略をどう描いているのか

 「不動産業者は人口減少もあって顧客獲得に苦労している。一方、当社は多くの法人会員を抱えている。これは不動産業者にとっては優良顧客であり、提携を進めることで相乗効果を期待できる。当社も不動産業者から送客してもらうことで、引っ越し業者の紹介やネット回線導入などの売り上げにつなげられる。2016年12月期の売上高は約19億円を見込み、今期は30億円を予想している」

                  ◇

【プロフィル】鹿島秀俊

 かしま・ひでとし 大成高卒。27歳までウェイクボードのインストラクター。2006年インクストゥエンター入社。09年リベロを設立し、14年から現職。38歳。福岡県出身。

                  ◇

【会社概要】リベロ

 ▽本社=東京都渋谷区渋谷1-11-6 渋谷111ビル2階

 ▽設立=2009年5月

 ▽資本金=900万円

 ▽従業員=100人(16年12月末時点)

 ▽売上高=13億円(15年12月期)

 ▽事業内容=新生活サポート業務