国内初 “家畜の糞尿”から水素製造 北海道で実証実験へ

エア・ウォーターなどが建設した「しかおい水素ファーム」=北海道鹿追町
エア・ウォーターなどが建設した「しかおい水素ファーム」=北海道鹿追町【拡大】

 産業ガス大手のエア・ウォーターは、家畜由来の水素を製造する「しかおい水素ファーム」北海道鹿追町で24日に完成させた。近隣の酪農施設から集めた糞尿(ふんにょう)をバイオガス化した後、水素と炭酸ガスを作り出す。今後は最大5年にわたり実証実験を行い、糞尿の収集から水素の利用まで「地産地消」で行う際の問題点を洗い出す。糞尿からバイオガスを作る動きは進みつつあるが、水素製造まで踏み込むのは国内初という。

 しかおい水素ファームは、鹿島建設、日鉄住金パイプライン&エンジニアリング、日本エアープロダクツと共同で、鹿追町の環境保全センター内に建設した。近隣の酪農家から集めた糞尿を、同センターにあるメタン発酵施設でバイオガスにした後、1時間当たりで約70立方メートルの水素と炭酸ガスを作る。燃料電池車(FCV)や燃料電池フォークリフトが利用できる水素ステーションを併設、水素を詰めた高圧ガスボンベを周辺に供給することも可能だ。実験は、鹿追町と隣接する帯広市を対象に2019年度まで実施。酪農施設に加えて、帯広市内にあるばんえい競馬の施設などで電気や温水の供給に役立てる。また、環境保全センターのエネルギー源としても活用する方針だ。

 北海道で生み出される牛の糞は2300万トンに達するが、このうちバイオガス化されているのは1.8%にすぎない。このため糞尿は比較的容易に確保できるが、今後は運搬を含む水素の製造コスト低減が課題となるほか、炭酸ガスについても飲料工場などの供給先を確保する必要がありそうだ。

 しかおい水素ファームは、環境省が進める事業の一環で建設された。