四国新幹線や新たな新・青函トンネルなど提言、交通インフラ強化で40件

2017.2.13 20:21

 建設や金融、商社などの企業、業界団体などでつくるシンクタンク「日本プロジェクト産業協議会」(JAPIC=会長・宗岡正二新日鉄住金会長)は13日、2020年東京五輪・パラリンピック後の地域活性化に向けた中長期的なインフラ事業についての提言書を公表した。「四国新幹線」や「新たな青函トンネル」など、交通インフラ強化を中心に40件のプロジェクトを盛り込んだ。

 このうち高い効果を見込む「重点推進プロジェクト」の18件には、現在の青函トンネルを北海道新幹線専用とし、物流用に津軽海峡で新トンネルを建設する案も盛り込んだ。新幹線の高速化に加えて貨物の輸送力を強化することで、北海道経済の振興だけでなく北海道を食料・エネルギーの一大基地とする国家戦略もにらむ。

 また、四国の各県庁所在地を結ぶ四国新幹線の早期整備を提案。山陽新幹線の岡山駅にも乗り入れることで、四国の各県庁所在地から新大阪まで2時間以内を実現するという。概算事業費は1兆円と試算されるが、単線方式活用で建設費の大幅縮減を目指す。JAPICの丸川裕之専務理事は「提言をきっかけに各地で議論が起きることを期待している」と述べた。

 このほか訪日外国人客を誘致するため、瀬戸内海に小型のクルーズ船を中心とした航路を拡充する。また、本州と九州の交通を多重化するため山口県下関市と北九州市を結ぶ道路を新設。慢性的な混雑が続く福岡空港は海上につくる新空港に移設する。

 東京では新宿駅周辺の再開発を、京都では市内の渋滞緩和のため地下や丘陵へ駐車場整備を求めた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。