シャープ、日本酒用の保冷バッグ開発 液晶技術応用

2017.3.29 05:00

 シャープは28日、社内ベンチャーの「テキオンラボ」で、日本酒を一定温度に保つ保冷バッグを開発したと発表した。液晶パネルの開発で培った技術を応用しており、氷点下に冷やして飲む日本酒とセットで販売する。

 液晶が寒冷地でも凍らないようにする技術をベースに開発した「蓄冷材料」を使用した。配合によって、マイナス24度からプラス28度までの特定の温度に維持できるため、他の用途での展開も検討しているという。

 石井酒造(埼玉県幸手市)の「雪どけ酒 冬単衣(ふゆひとえ)」の四合瓶(720ミリリットル)を付けて販売する。価格は基本セットで6600円(送料込み)。

 3000セット限定で、クラウドファンディング仲介サイト「Makuake(マクアケ)」で28日から6月28日まで販売する。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。