ピーチ、ビットコイン決済を導入 国内航空で初 外国人客の利便性高める

ビットコイン決済の導入を発表したピーチ・アビエーションの井上慎一最高経営責任者(左から3番目)とビットポイントジャパンの小田玄紀社長(同4番目)=22日、東京都港区
ビットコイン決済の導入を発表したピーチ・アビエーションの井上慎一最高経営責任者(左から3番目)とビットポイントジャパンの小田玄紀社長(同4番目)=22日、東京都港区【拡大】

 格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションは22日、国内の航空会社で初めて、仮想通貨「ビットコイン」を使った決済サービスを導入すると発表した。仮想通貨事業を手掛けるビットポイントジャパンと提携し年内にサービスを始める。中国などアジア地域での取引が急増するビットコイン決済の導入で訪日外国人客らの利便性を高め、競合会社との差別化につなげる狙い。

 インターネットなどで航空券を購入する際の決済手段としてクレジットカード以外にビットコインが使えるようにする。またピーチが就航する北海道や沖縄県などの空港にビットコインで現金を引き出せるATM(現金自動預払機)を設置するほか、周辺ホテルや飲食店にビットコインが利用できるよう働きかけ、「ビットコインだけで旅が完結できるようにする」(ピーチの井上慎一最高経営責任者)。

 ビットポイントジャパンによると、ビットコインは22日現在で約4兆7000億円分(1ビットコイン=約28万円)が流通している。9割以上の取引が人民元建てとされるが、4月の改正資金決済法施行を受け、日本での取引量も増えている。