【ハザードマップ】アート・スポーツ 力量見誤り店舗販売にこだわり破綻 (1/2ページ)

2017.5.25 05:00

 アート・スポーツは5月9日、東京地裁から破産開始の決定を受けた。同社はスポーツ用品などを扱う「アート・スポーツ」、アウトドア関連商品に特化した「ODBOX」を経営。都内を中心にピーク時は15店舗を展開し、1992年2月期の売上高は65億9047万円だった。

 2007年に開催された東京マラソンをきっかけとするマラソンブームを契機に、ランニングスポーツに特化した日比谷店、池袋店を相次いで開設。池袋店は当初、赤字が続いたが、日比谷店は「皇居ランナー」の急増で順調に売り上げを伸ばした。

 アート・スポーツの売上高は07年2月期の32億2713万円から、09年2月期には38億8150万円と増加。10年3月には銀行から資金を調達して「アート・スポーツ本店」を移転、跡地に「ANNEX店」を開設する大幅なリニューアルも実施した。しかし、既存店の売上高は10年2月期で38億6216万円と低迷し、3225万円の赤字を計上。資金繰りが急速に悪化し、10年12月、金融機関に借入金の返済条件変更を要請して5カ年の事業計画を策定した。

 11年3月に不採算店舗の池袋店を閉鎖するなど収支改善を図り、13年2月期には1442万円の最終利益を計上し3年連続の赤字から抜け出した。

 だが、通販やメーカーの直営店舗出店などで再び苦境に陥り、13年10月にはスキーや登山グッズ専門のICI石井スポーツと業務提携し、支援を受けることになった。支援内容は出向社員の受け入れ、管理体制の見直しやICI石井スポーツの店舗の一角に専門コーナーを開設する営業強化策などだった。

 ICI石井スポーツからはさらに資金支援も受けたが、なかなか効果が出せない中、中核店舗の渋谷店が、大規模な市街地再開発で18年10月末までの退去を迫られ、さらに追い打ちをかけるように15年9月には上野本店近くにアウトドアメーカーが直営店を出店した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。