【京都発 輝く】世界を驚かせた京大発EVベンチャー「GLM」 事業の転機はトヨタからの“移籍組” (1/6ページ)

2016年9月のパリ・モーターショーで世界初公開したGLMの次世代車「G4」。19年の量産開始を目指す(同社提供)
2016年9月のパリ・モーターショーで世界初公開したGLMの次世代車「G4」。19年の量産開始を目指す(同社提供)【拡大】

  • 小間裕康社長
  • イチ押し!の「トミーカイラZZ」

 昨年9月に開かれたフランスの車の祭典「パリ・モーターショー」。「フェラーリ」「フィアット」など世界の名だたるブランドの最新車が披露される中、従業員わずか20人余りの京都のベンチャー企業が世界を驚かせた。

 「(2014年に発売した)『トミーカイラZZ』のような電気自動車(EV)を量産するメーカーは世界にほとんどない。日本の安全基準を満たしたEVをベンチャーがつくるのか、と評価をいただけた」

 京都大学発ベンチャー、GLMの小間裕康社長(39)は、パリで出展したことにより今後の事業展開に一定の手応えをつかんだ。これまで商談を断られ続けた世界的な大手部品メーカーなどから取り引きの問い合わせが増えたのだ。

 同社がパリを舞台に世界で初めて披露したのは、19年の量産開始を目指す次世代EVスーパーカー「G4」だ。ドア開閉時に4枚のドアが跳ね上がるスタイルが特徴で、最高出力540馬力、最高時速250キロ。想定価格4000万円の超高級車。1000台の販売を目指し、年内に試作車の走行テストを行う準備を進める。

“共感”が支えに

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。