【PC Watch】30秒更新で10分後の降水予報


【拡大】

 ■理研など ビッグデータ使い実証開始

 理化学研究所、首都大学東京などの国際共同研究グループが4日、最新の気象レーダーを使い、30秒ごとに更新する10分後までの降水予報のリアルタイム実証を開始した。この予報は気象庁の許可を得て、理研がサイト上で公開している。

 既存の降水予測手法としては、気象レーダーが捉える降水パターンを追跡し、将来もそのまま動き続けると仮定して予測する「降水ナウキャスト手法」が用いられている。この手法は、シミュレーションに比べ計算量が大幅に少ないが、予測精度が急低下する欠点がある。また、平面上の降水パターンを追跡するもので、雨粒の鉛直方向の動きを考慮していない。

 そこで研究グループは、30秒ごとに60キロメートル遠方までの雨粒を隙間なくスキャンする「フェーズドアレイ気象レーダー」のビッグデータを降水予報に生かすため、観測された雨粒の立体的な動きを捉え、将来もそのまま動き続けるという仮定のもとで予測する「3D降水ナウキャスト手法」を開発した。

 また、大阪大学に設置されたフェーズドアレイ気象レーダーのデータを用い、リアルタイムに予測を実行するシステムを構築し、サイト上で公開した。

 10分後という短時間の予測であっても、適切に利用することで、生活や防災に役立てられると期待する。

 なお、現在30秒更新の10分予報を行っているのは関西地域に限定され、世界各国を含むその他の地域は1時間更新の12時間予報となっている。(インプレスウオッチ)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。