村田製作所、みなとみらいに新拠点 32年開業目指す

 神奈川県は電子部品大手の「村田製作所」(京都)が横浜市西区の「みなとみらい21地区」に研究開発拠点を新設すると発表した。県内企業誘致に向けた補助金制度「セレクト神奈川100」を活用する見込みで、従業員は1千人超になるという。

 県や同社によると、研究所は自動車、エネルギーやヘルスケア分野の開発拠点となる見通しで、県が進める主要施策「かながわスマートエネルギー計画」や「ヘルスケア・ニューフロンティア」との連携も期待できるという。最大で5億円の補助金や不動産取得税の軽減措置を受けることができる。

 研究所の敷地面積は約7415平方メートルで平成30年に着工し、32年に稼働する予定。黒岩祐治知事は「県内企業とのビジネスチャンスの創造や優秀な人材の活用に期待する」とコメントし、同社広報室は「横浜は都市としてのブランド力もあり、エネルギーや自動車といった産業も集積している。今後はさまざまな分野で連携を図っていきたい」としている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。