「フルグラの売上を100億円に伸ばせ」 目標を軽々突破した女性社員の巧みなマーケ戦略 (2/3ページ)

「フルグラ」ヒットの立役者、カルビー・フルグラ事業本部の網干弓子氏(ブルームバーグ)
「フルグラ」ヒットの立役者、カルビー・フルグラ事業本部の網干弓子氏(ブルームバーグ)【拡大】

  • 「フルグラ」ヒットの立役者、カルビー・フルグラ事業本部の網干弓子氏(ブルームバーグ)

 「どんな人でも平等に24時間しかない」と語る網干氏も、平日には朝早く起き、朝食作りや家事、子供の見送りなど済ませて出社する働く女性の一人。自身は「半分マーケッター、半分主婦」で、「主婦の自分がなぜこの商品を購入したのかと考える」ことを心掛けているという。そういった感性を背景に、時短というメリットを強調する手法にたどり着いた。

 店頭で主婦に試食してもらう一方で男性にもアピール。通勤中の会社員向けに東京・丸の内の東京国際フォーラムで「朝食屋台村」を開催し、簡単に栄養価の高い朝食が取れる魅力を訴えた。この戦略が奏功し販売の急拡大につながったという。

 ゴールドマン・サックス証券のキャシー・松井チーフ日本株ストラテジストは「消費者の大半は女性であり、商品企画に女性の考えを取り入れることの有用性に多くの企業が気づき始めている」と話す。

 時短商品は女性の消費者以外からも注目を浴びている。ユーロモニターの松永芽恵アナリストは、従来は子供向けが中心だったシリアルが、近年では時短につながる健康的な商品として、働く単身世帯や共働きの大人からも人気が高まっていると話した。

フルグラの販売増は女性の社会進出の拡大にも重なる

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。