翔栄クリエイト、来年から農業参入 直販・卸し、有機栽培で安心安全 (2/2ページ)

有機農法で栽培した作物を試験販売するジュースバー「ビセットプラザ」=東京都中野区
有機農法で栽培した作物を試験販売するジュースバー「ビセットプラザ」=東京都中野区【拡大】

 現在、日本に輸入されるトウモロコシや大豆などの半分は遺伝子組み換え作物とされている。こうした現状を踏まえて、宇佐神(うさみ)慎社長が食品の安全性に不安を抱いたことから農業参入を決めた。一方で、農家は高齢化と後継者不足による廃業も増えているため、「安心安全な食品を自給するとともに、農業を守らなければならない」(宇佐神社長)と農業再生の思いも込めている。

 宇佐神社長は「すぐには業績に反映されないだろうが、少なくとも3年は我慢するつもりで取り組む」としている。

【会社概要】翔栄クリエイト

 ▽本社=東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル2階

 ▽設立=1997年8月

 ▽資本金=5400万円

 ▽従業員=65人

 ▽売上高=26億円(2017年7月期)

 ▽事業内容=オフィスデザイン、クリーンエネルギー発電所設計施工、電気工事設計施工、ウェブ担当者育成支援など