小型VR施設 全国19カ所に ナムコ、月内に開設

 バンダイナムコホールディングス傘下でゲームセンター運営子会社のナムコは7日、仮想現実(VR)技術を使った小型娯楽施設「VR ZONE PORTAL」を全国19カ所に今月中に順次、開設すると発表した。バンダイナムコは、新しい娯楽体験ができるVR施設を国内外へ展開している。

 新設する小型施設は、バンダイナムコグループのバンダイナムコエンターテインメントが7月に開設した大型VR娯楽施設「VR ZONE SHINJUKU」(東京都新宿区)の小型店という位置付け。

 新宿の施設では、VR体験のほかに食事などもできるが、小型施設は既存のゲームセンターなどの中にVRの体験機器を新たに設置する形で、スキーの急滑降などをVR技術で体感できる。

 小型施設は1号店として「ナムコイオンモール神戸南店」を9月に開設しており、12月中に北海道から九州まで19店を新設する。